不動産の売却をしたい方へ、費用の一覧について解説!

「不動産の売却を考えているけど、費用がどれくらいかかるのかわからない」
「不動産の売却でかかる費用の種類について解説してほしい!」
このようなことを考えている人はいませんか。
不動産の売却でかかる費用について知りたい方もいるでしょう。
今回は、不動産の売却をしたい方のために、費用について解説します。


□費用について

不動産の売却では、どのような費用がかかるのか解説します。

*おおよその売却の費用は?

不動産の売却には、登記費用、仲介手数料、印紙税といった費用がかかります。
基本的には、不動産業者が教えてくれることが多いですが、ご自身でも知っておいた方がよいでしょう。
大まかな費用を計算しておいて、予算をたてておくことがおすすめです。

*仲介手数料

不動産を売却した際に払う費用です。
事前に支払うのではなく、不動産の買い手が見つかった場合に支払います。
計算方法は、不動産の売買価格によって異なります。
たとえば売却した価格が400万円を超える場合は、売却価格の3%と6万円、さらに消費税を足したものです。
売却の価格を決めた段階で計算ができるので、どれくらいの金額になるのか理解しておくとよいでしょう。

*登記費用

抵当権抹消や住所変更がある場合に必要な費用です。
これは、司法書士に支払うもので、約2~3万円が相場です。

*印紙税

印紙税は、契約時に契約書に貼るための印紙で、不動産の価格によって変動します。
例えば、100~500万円の場合、1000円で、500~1000万円の場合、5000円のように決まっいます。


□まとめ

今回は、不動産の売却をしたい方のために、費用について解説しました。
あらかじめどれくらいの費用がかかるのか理解しておくと、次の住宅の予算もたてやすいでしょう。
不動産の売却について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。