不動産売却を検討中の方へ、売却時の必要書類を徹底解説!

「自分が持っている不動産を売りたいなぁ。しかし、売るときにどんな書類が必要なのか分からない。」
このような不動産売却の手続きにお悩みの方は多いかと思います。
書類を準備して、できるだけスムーズに手続きを終わらせたいですよね。
しかし、不動産売却って頻繁に起こることではないので、どんな書類が必要か分からないと思います。
そこで今回は、そんなお悩みを持った方に向けて、不動産売却の際に必要な書類を簡単にご紹介していきます。

□書類が必要なタイミング


不動産を売却するとき、主に3つのタイミングで書類が要求されます。
不動産を売却する前、不動産売却の契約をしたとき、売却決済時に分けられます。
この3つのタイミングで、必要な書類を解説していきます。

□不動産を売却する前


不動産を売却する前には、購入時にもらったパンフレットと住宅ローンの償還表という2つの書類が必要となります。

*パンフレット


不動産を売却する際、不動産会社に新たな買い手を探してもらうため、その住宅の詳細な情報が必要です。
そこでパンフレットが重要な役割を果たします。
購入時、もらったパンフレットには構造や築年数などの詳細な情報が載っているため、不動産会社に提出を求められることが多いです。

*住宅ローンの償還表


償還表とは、住宅ローンがあとどれくらい残っているのかという情報が載っている書類です。
ローンの支払いの程度によって、物件を売るときの大きな指標になります。

□売却契約を結んだとき


売却契約を結んだとき、主に証明書や権利書が必要になります。
どのような書類が必要か簡単に説明していきます。

*印鑑証明書


売却の契約を行うときに使う印鑑はすべて実印になります。
そのため、その実印を証明するための印鑑証明書が必要となります。

*住民票


書類上の住所と、実際の住所が異なる場合、住民票が必要になります。
住所が同じ場合は必要ありません。

*権利書


自分がその不動産の所有者であることを証明するために、権利書が売却の契約時に、必要になります。
この場面では、提出する必要はなく、確認するために書類が必要です。

*建築確認済証、検査済証


その物件が検査を受けているか確認するためにこの書類が必要になります。
もしなかった場合、買い手が銀行からの融資が受けられない場合があります。

*管理規約、議事録、長期修繕計画書


マンションを売却する場合のみ、管理規約、議事録、長期修繕計画書という3つの書類を提出しなければなりません。

□売買決済時


この時に、固定資産税評価証明書と登記に関する書類の2つが必要になります。

*固定資産税評価証明書


買い手に、不動産の所有権を渡すとき、この証明書が必要になります。
土地と物件の2種類の証明書が必要です。

*登記に関する書類


決済自体は、司法書士に依頼するため、委任状などの書類が必要です。
しかし、司法書士が事前に作成してくれるため、自分で準備する必要はありません。

□まとめ


今回は、不動産売却にどんな書類が必要か簡単に説明いたしました。
このサイトを参考にして、ぜひスムーズに手続きを済ましてみてください。
また、これから不動産売却をお考えの方は、ぜひお気軽に当社にお問い合わせください。