米子市で賃貸経営を行っている方へ!賃貸経営のやめ時をご紹介します!

「賃貸経営のリスクってどんなものがあるのだろう」
「賃貸経営のやめ時っていつなのかな」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
この記事では米子市にお住まいの方に向けて、賃貸経営のリスクとやめ時についてご紹介します。

□賃貸経営のリスクについて

賃貸経営のリスクとはどういったものがあるのでしょうか。
ここでは賃貸経営におけるリスクを5つご紹介します。

1つ目は、空室です。
空室があるとその分の家賃収入がなくなりますが、税金や修繕費は変わりません。
そのため、空室対策をして収入を得ることが重要です。。

2つ目は、家賃の未払いです。
入居者の中には家賃を滞納する人もいます。
空室と違い新しい入居者を入れられないため、かなり困りますよね。
早めに対処した方が良いでしょう。

3つ目は、自然災害です。
自分の資産をつぎ込んで購入した物件でも、自然災害によって一瞬で壊れる可能性もあります。
備えとして、地震保険や火災保険には必ず入るようにしましょう。

4つ目は、老朽化や修理代です。
時間が経つにつれて物件は古くなっていきます。
そのためどこかのタイミングで修繕が必要となるでしょう。

修繕費用はもちろん経営者の負担となります。
さらに、古くなると入居者を集めづらくなるかもしれません。

5つ目は、立地です。
大学やオフィスが移転した際に、物件の需要が一気に落ちることがあります。
そのため、どの層に向けて販売するかといった戦略はしっかり考える必要があります。

□賃貸経営のやめ時について

賃貸経営をやめるタイミングとはいつ頃なのでしょうか。
ここからはやめ時について4つご紹介します。

1つ目は、経営を続けていく自信がない時です。
自信がないのに経営を続けていては、失敗の可能性が上がります。

2つ目は、賃貸経営を引き継ぐ相続人がいない時です。
賃貸経営をこれから先、継続が難しい場合は売却の検討も必要です。

3つ目は、入居者トラブルが頻繁に起こる時です。
トラブル続きでは賃貸経営は困難でしょう。

4つ目は、空室に悩む時です。
空室のままだと収入はありません。
早いうちに売却するのも1つの手でしょう。

□まとめ

今回は賃貸経営のリスクとやめ時についてご紹介しました。
賃貸経営に不安を抱えている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。
当社にはたくさんの不動産の買取実績と安心の買取保証があります。
不動産についてお困りごとがある方や、米子市にお住まいの方は、ぜひお気軽にご相談ください。