• HOME
  • 相続物件でお困りの方へ

相続した不動産のことでお困りの方へ

ご実家などを相続しても移り住む予定がなく、そのまま放置している……という方は少なくありません。しかし不動産は持っているだけで税金や管理費がかかります。また、空き家のまま放っておくと、トラブルにつながる可能性も。

鳥取県米子市の不動産会社「アーバンネットワーク株式会社」では、そんな相続物件に関するご相談をうけたまわっております。まずはお客様のお話をじっくりとおうかがいし、管理や売却など、ご状況に合った対応を提案させていただきます。

また、こちらでは相続登記に必要な書類や、譲渡所得税の申告についてもご紹介しています。このほか、疑問や困っていることがあれば、いつでもお気軽にご相談ください。

相続物件のことで、お困りではありませんか?

相続した賃貸マンション・アパートを、長い間そのままにしている

相続物件のことで、お困りではありませんか?

故人が所有していた賃貸マンション・アパートを相続したものの、現状は空室だらけ。そのまま管理会社に業務を委託して経営を続けても、修理代や管理費がかさんで負担が大きくなる一方……というケースは珍しくはありません。

そのまま放っておいても、状況が良くなることはまずないでしょう。所有者様のご負担を軽減するためには、経営の見直しや建物のリフォームで入居者の増加をはかる、または売却して物件を現金化するといった何らかの対応が必要です。

「アーバンネットワーク株式会社」は、賃貸経営を続けたい場合と売却したい場合、どちらのケースにも柔軟に対応いたします。ぜひお気軽にご相談ください。

相続した賃貸物件に迷惑な入居者がいるため売却したい

相続した賃貸物件に迷惑な入居者がいるため売却したい

賃貸物件を相続したあとで、その物件に入居者トラブルがあることがわかった……というケースもあります。クレームや要望への対応にお困りなら、そのまま売却してしまうのも一つの方法。当社が責任を持って売却をお手伝いしますので、ぜひご相談ください。

また当社では、入居者からのクレーム・要望への対応、家賃徴収といった管理業務の代行サービスもご提供しています。こちらも併せてご検討ください。

相続不動産を放置するとデメリットがある!

自身の家を持っている方が親から実家を相続した場合などは、空き家のまま放置してしまいがちです。しかし、不動産を放置することには以下のようなデメリットがあります。

資産価値が下がる

資産価値が下がる

誰も住んでいない建物は、住んでいる人がいる建物よりも建材などが傷みやすく、適切なメンテナンスが行われることも少ないため、劣化のスピードが速くなってしまいます。そのため、相続不動産を放置していると、その資産価値はどんどん低下。いざ売却しようと思ったら、大きく価値が下がっていた……という可能性もあります。

税金がかかる

税金がかかる

誰も住んでいない不動産でも、所有しているだけで固定資産税がかかります。しかも、空き家対策特別措置法が施行され、特定空き家に指定された家屋には固定資産税の軽減が適用されなくなりました。

このように、相続不動産は持っているだけでコストがかかり、放置するほど資産価値が下がってしまいます。なるべく早めに、賃貸経営や売却などの対応を検討しましょう。

相続不動産相続(相続登記)の際に必要な書類

相続した不動産を売却する場合、あらかじめ相続登記をしておかなくてはなりません。手続きの際は以下の書類が必要になります。

  • 被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍謄本
  • 被相続人の住民票の除票
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 相続人全員の住民票
  • 不動産の固定資産評価証明書
  • 不動産の全部事項証明書
  • 遺産分割協議書

特に「被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍謄本」の準備には時間がかかることも多いため、早めに取り掛かることをおすすめします。手続きの方法や書類を準備するタイミングなどがわからない場合は、不動産会社の担当者に確認してみると良いでしょう。

相続不動産の売却利益は課税の対象となります

相続不動産の売却利益は課税の対象となります

親などから相続した不動産を売却して利益が出た場合、通常その利益は課税の対象となりますが、3,000万円までは非課税になる特例が平成28年4月より始まっています。ご実家を売却するなら今がチャンスです!ぜひ、当社にご相談ください。