初心者の方に向けて、不動産売却の流れを簡単に解説!

「不動産を売りたいなぁ。でもどんな流れで不動産を売るんだろう?」
このようなお悩みを持つ方いらっしゃいませんか?
不動産の売却って頻繁に起こることではないので、どんな流れなのかが想像しにくいですよね。
今回はそんな不動産売却を考えているが、流れがよく分からないという方に向けて簡単に不動産売却の手順を説明していきます。

□不動産を売るときの流れ


不動産を売るときの流れとして、主に不動産を売る前、売却契約時、売り渡した後という3つの場面に分けることができます。
それぞれの場面に沿って簡単に説明していきます。

□不動産を売る前


*情報収集を行う


まず初めにやることは、情報を集め価格の相場を知ることです。
方法としては、国土交通省の発表している地価調査などを参考にすることをおすすめします。
また、不動産が出している広告やチラシを見ることでその地域の相場が分かります。

*必要な書類を集める


不動産売却を行う場合、物件に関する書類や個人情報の書類などたくさんの書類が必要です。
事前に準備しておくと、手続きがスムーズに進むでしょう。

*査定を依頼する


自分が所有する不動産の価値を知るために、不動産会社に査定を依頼しましょう。
査定自体は基本的に無料で行なってもらうことができるので、複数の会社に依頼し、情報を集めると良いでしょう。.

*不動産会社を決める


査定を行なったあとは、どの不動産会社に依頼するかを決めます。
契約の方法は主に3種類あり、自分がどの種類の不動産を所有しているかによって、契約すべき方法が違うので、慎重に選びましょう。

*不動産の売却価格を決めよう


不動産会社を決めた後は、売りに出す不動産の価格を決めます。
要望を通すだけでなく、会社から提案された価格や周りの相場などを考慮し、価格を決めていきます。

□契約の流れ


ここでは、どのようにして契約するかという流れを見ていきます。

*見学者を受け入れる


購入希望者が現れたら、実際に建物を見に来ます。
見学する際に、家が汚かったりすると、契約につながらない可能性があります。
見学の方が来る際、清潔で綺麗な家を見せることが大事です。

*条件の交渉


見学に来たあと、購入したいという人が現れたら、買い手からの申し込み書が届きます。
そこで、条件や金額を確認し、契約を結ぶ時間と場所を決めます。

*契約を締結する


双方、条件に合意したら、家を売るという契約を結びます。
そこで、買い手から手付金を受け取ります。
また手数料を払う必要もあるので、しっかりと確認することをおすすめします。

□売り渡し後


*ローンの解約


住宅ローンなどが残っている場合は、ローンの解約をします。
ローンが残っている場合、すべての金額を返済する必要がありますが、売却した際に得た利益を返済にあてる方法が一般的です。

*税金の支払い


住宅の売却などで利益を得た場合、その利益に対して税金を払わなければなりません。
特別控除などの制度を使うことができる場合があるので、節税の方法などをしっかり確認しましょう。

□まとめ


今回は、不動産売却の流れを簡単に解説いたしました。
ぜひこのサイトを参考にして、物件の売却を検討してみてください。
もし不動産売却にご不明な点、お悩みな点がありましたら、お気軽に当社にお問い合わせください。