実家を相続する際に親族間で揉めることを防ぐためにできること

「実家を相続する予定なのだが、自分は長男であり、兄弟が複数人いる」
「実家を相続するにあたって、親族と揉めないようにするにはどうすべきか知りたい」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
身内での争いごとはできるだけしたくないということを多くの人は思っていることでしょう。
そこで今回は、相続トラブルを回避する方法をご紹介していきます。


□トラブルを回避する方法

トラブルを回避するためにいくつかのことをしておく必要があります。
以下でご紹介していきますので、確認していくようにしましょう。

*相続する遺産を明確にする

まずは、自分の取り分を明確にするようにしましょう。
相続の際に何が問題になっているのかはっきりしないことを防ぐためにすることです。
弁護士に問い合わせるなどすると良いでしょう。

*相続する割合を確認する

相続する遺産の全体を把握した後は、相続分を確認しましょう。
その際は弁護士などに確認するようにすると良いでしょう。
法律によって相続する割合は決められているので、その点について詳しく聞くようにすると良いでしょう。
その相続の割合に納得できないのであれば、協議分割などの方法をとりましょう。
その際は当社にお問い合わせいただいても構いません。

*分割できる遺産であるか

土地や物件などの不動産はきれいに分割できないことが多いです。
不動産を売却して全てお金に換えてしまう方法がおすすめです。
相続人全員が納得する方法をとるようにしましょう。
相続人同士の争いはできるだけ避けるようにしましょう。

*内縁の関係の人がいないか

相続をする際には内縁の関係にあった人がいないかどうかを調べるようにしましょう。
権利の関係がややこしくなってくるのでしっかりと調べるようにしましょう。
さらに、弁護士に必要な情報を聞くことも忘れてはいけません。

□まとめ

相続トラブルを回避する方法を紹介してきました。
この記事の内容を踏まえて、できることをこなしていきましょう。
自分だけでは難しいかもしれないので弁護士を利用するようにしましょう。
やるべきことをリストアップするなどすると漏れなくこなすことができるのでぜひやってみてください。
当社はお問い合わせを受け付けております。
不明点やご相談などがございましたらお気軽にお問い合わせください。
当社のスタッフが親身になって対応します。
一緒に問題を解決していきましょう。
みなさまの当社のご利用を心よりお待ちしております。