相続放棄した空き家の管理義務についてご紹介します

「空き家になった実家の始末に困っているのだが、どのようにすれば良いのか分からない」
「空き家の管理義務について詳しく教えて欲しい」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
空き家の所有者には空き家の管理義務が課せられます。
相続することを放棄した場合には管理義務から逃れることができるのか分からないという方もいることでしょう。
そこで今回は、相続放棄した場合、管理義務から逃れられるのかについてご紹介していきます。

□相続を放棄した場合

相続を放棄した場合は遺産の管理義務から逃れることができます。
権利は次の順位の人に移ることになります。
それを繰り返して、相続する人がいなくなってしまった場合は相続人はいないことになります。
そのような場合には定められた方法によって相続人が決められます。
よく分からない場合は弁護士などの専門家に確認しておくようにしましょう。

□トラブルを防ぐために

相続の際には何かと問題が起こることが多いです。
そこで、以下のようなことに注意しておく必要があります。

*財産の全体を把握

まずは、財産の総額について調べる必要があります。
その際は、複数の見積もりを取るようにしましょう。
不当な金額を請求されることがあるからです。
複数の業者の見積もりを取ることでより信頼できる情報を得ることができます。

*取り分の計算方法を知る

取り分を計算する際には計算方法があります。
親族の状況によって変わってくるので、弁護士などに確認するようにしましょう。
専門家の意見を聞くなどして納得するようにしましょう。

*費用

財産をリフォームすることもあるでしょう。
その際には当然費用がかかってきます。
その前に業者に問い合わせるなどしてどれくらいの費用がかかってくるのかを確認しておきましょう。
また、リフォームの際は名義についてもしっかりと確認しておくようにしましょう。

□まとめ

相続放棄した場合、管理義務から逃れられるのかについてご紹介してきました。
相続に関して分からないことは多いかと思いますので、そのような際は他の人に相談してみるようにしましょう。
専門家の意見は非常に参考になるのでぜひ聞いてみるようにしましょう。
当社はお問い合わせを受け付けております。
不明点やご相談などがございましたらお気軽にお問い合わせください。
当社のスタッフが親身になって対応します。
一緒に問題を解決していきましょう。
みなさまの当社のご利用を心よりお待ちしております。