空き家は売却するか活用するかどっちが良いの?

「空き家になった実家の始末に困っているので、どのように活用すれば良いのか教えて欲しい」
「空き家を売却することと活用することの利点と欠点を教えて欲しい」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
空き家を売却するべきか、賃貸などにして有効に活用するのが良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、空き家を何らかの形で活用すべきか、売却してしまうべきかをご紹介していきます。

□売却することの利点、欠点

売却することのメリットについてご紹介します。
売却を考えている方は以下のことに注意しておくようにしましょう。

*お金を手に入れられる

売却することによって、まとまったお金を手に入れることができます。
一時的にまとまったお金が必要であるという方は売却することを検討してみてください。
その際は、複数の業者に見積もりを依頼するようにしましょう。
信頼できる業者を複数見つけましょう。

*税金がかからない

住宅を持っていることで、固定資産税などの費用がかかってきます。
その金額も長い期間が続けば、大きな金額になってきます。
賃貸として利用して、その費用を回収することができるのであれば問題ありません。

*仲介手数料がかかる

売却する際には、買い取りしてくれる相手が必要になってきます。
そのため、住宅を売却する際には仲介手数料がかかってくるのです。
仲介手数料は売却する値段によってはかなり大きな金額になってくることもあるので、事前に確認しておく必要があります。

□賃貸として利用することの利点、欠点

*毎月お金が入ってくる

賃貸として利用すると毎月家賃として収入を得ることができます。
一時的にお金が必要ないのであれば、こちらを検討してみても良いかもしれません。

*維持管理にお金がかかる

賃貸として利用するには維持管理をして資産価値を下げないようにする必要があります。
ここにもかなりのお金がかかってくるので事前に確認しておきましょう。

□まとめ

空き家を何らかの形で活用すべきか、売却してしまうべきかをご紹介してきました。
それぞれの方法の利点と欠点を十分に理解して、どちらの方法をとっていくかを決めるようにしましょう。
その際は、複数の情報を集めるようにしましょう。
当社はお問い合わせを受け付けております。
不明点やご相談などがございましたらお気軽にお問い合わせください。
みなさまが当社をご利用されることを心よりお待ちしております。