【空き家の有効活用方法3選】空き家を相続するか悩んでいる方必見です!

誰も住んでいない実家を気にしている方はいらっしゃいませんか?
どうすればいいのか分からないと考えてらっしゃる方も多いはずです。
そこで、今回は空き家を有効活用する方法についてご紹介いたします。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□賃貸住宅にする


まずは、賃貸住宅にすることをご提案いたします。
最近では、田舎暮らしが再評価されてきていて、老後は田舎で住みたいと考えている方も多いです。
田舎にある家を賃貸住宅として、そのような人に貸し出すことで空き家を有効に使うことができます。
また、実家に住む気はないものの、取り壊すのに躊躇されている方にはおすすめです。
しかし、一方で賃貸住宅にするための手続きを行わなければなりません。
煩雑な手続きをしなければならないので、準備に時間がかかったり不動産屋に依頼する費用がかかったりします。

 

□更地にする


次に、家を取り壊して更地にすることをご提案いたします。
既に古すぎて人が住めない状態の家や家だけではなく広大な土地を持ってらっしゃる方にはおすすめです。
更地であることを活かして、コインパーキングや月極駐車場にしたり、土地を売却したり、太陽光発電をしたりすることもできます。
更地にすることで、活用するときの初期費用を抑えることができます。
一方で、家を取り壊さなければならず、取り壊し費用が掛かってしまいます。

 

□宿泊施設を経営する


最後に、宿泊施設にすることをご提案します。
最近は観光客に民家を貸し宿泊してもらう民泊が流行していますよね。
こういった施設を経営することで、空き家を有効に活用させることができます。
有償で宿泊施設を経営する場合は、法律で定められている条件をクリアして許可を得ないと経営することはできません。
そのため、その手続きが煩雑であることに加え、改修しなければならない場合に改修費用がかかってしまいます。
しかし、家を取り壊さなくてもよいことがこの選択肢のメリットです。
慣れ親しんだ実家を壊してもよいのか躊躇していらっしゃる方も多いと思います。
宿泊施設にすることで、家をそのままにしておくこともできます。
また、万が一、将来的に住みたいと思ったとしても、宿泊施設としての営業をやめることで、もう一度住むことができます。

 

□まとめ


今回は空き家の有効活用する方法をご紹介いたしました。
ここで、活用方法として、
・賃貸住宅として貸し出すこと
・更地にすること
・民泊を経営すること
を挙げました。
ぜひ今回ご紹介したことを参考にして、ぜひ実家の活用方法を考えてみてはいかがでしょうか。