賃貸経営にはどのようなリスクがある?米子市の不動産会社がご紹介します!

「賃貸経営にはどんなリスクがあるのだろう」
「賃貸経営で失敗しないためにはどうしたら良いのだろう」
米子市で賃貸経営をお考えの方で、このようなお悩みをお持ちの方はいませんか。
今回の記事では、賃貸経営のリスクと、賃貸経営で失敗を回避するための対策をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□賃貸経営のリスクとは?

ここでは、賃貸経営の主な10個のリスクをご紹介します。
10個のリスクとは、以下の通りです。

・立地による空室
・経年による空室
・供給過剰による空室
・賃料下落
・借入金返済
・修繕
・家賃滞納
・入居者トラブル
・金利上昇
・オーバーローン

賃貸経営の最大のリスクは何と言っても、空室リスクです。
空室リスクは、他のさまざまなリスクを引き起こす原因にもなります。
そして、この空室リスクにもいくつかの原因がありますが、最も大きな要因は立地である場合が多いです。

賃貸経営をする上で、立地は後から変更できない要素です。
そのため、土地の購入から賃貸経営を始める方は、立地だけは妥協しないようにしましょう。

□失敗を回避するための対策をご紹介!

賃貸経営のリスクをご紹介しましたが、それらを回避する対策をご存じでしょうか。
ここからは、賃貸経営の失敗を回避するための主な5つの対策をご紹介します。

1つ目は、空室対策です。
具体的には、適宜修繕を行うことと、家賃の見直しをすることです。

2つ目は、計画的な修繕と老朽化対策です。
むやみに手をつけてしまうと経費だけがかかってしまうので、必要なタイミングをしっかりと見極めましょう。

3つ目は、自然災害対策です。
災害はいつ発生するかわかりません。
そのため、災害が発生した時に備えて、火災保険や地震保険に入っておくようにしましょう。

4つ目は、入居者クレーム対策です。
入居者からのクレームには、可能な限り早めに対応するようにしましょう。

5つ目は、資金計画やシミュレーションです。
賃貸経営は、それなりの初期費用がかかるため、ローンを組んで購入される方がほとんどでしょう。
その場合、前もって資金計画や収益シミュレーションをしておくことが大切です。

□まとめ

今回の記事では、賃貸経営のリスクと、賃貸経営で失敗を回避するための対策についてご紹介しました。
賃貸経営に一定のリスクはつきものなので、適切な対策をして失敗を防ぎましょう。
当社では、賃貸経営のサポートをさせていただいておりますので、何かお困りの際はぜひお気軽にお問い合わせください。