空き家にかかる固定資産税は高額?米子市の不動産会社がご紹介します!

空き家をお持ちの方は、空き家を放置してしまうと固定資産税が高額になってしまうことをご存じでしょうか。
空き家をお持ちの方でも、そのことを知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、対策をすることで無駄な出費を抑えられます。
そのため、本記事では空き家の固定資産税についてご紹介します。

□空き家を放置すると

空き家をお持ちの方は、しっかりと管理をされているでしょうか。
現在日本では空き家の放置問題が深刻化しており、その数は年々増加しています。
そのため、政府はそのまま放置されることで倒壊あるいは保安上危険となる恐れのある状態または衛生上有害となる恐れのある状態などにある空き家を特定空き家として認定しています。
この特定空き家が、固定資産税が高くなる理由です。

具体的には、上記のような放置されている空き家は特定空き家として認定されると、本来の特例の適用が外され、その空き家の固定資産税が最大6倍にまで跳ね上がります。
つまり、本来受けられていた特例を特定空き家として認定されることで、特例適用外となってしまい固定資産税が高額になってしまいます。

□対策について

上記では、空き家を放置すると固定資産税が非常に高額になるとご紹介しました。
ではどのような対策をすれば良いのでしょうか。

まずは売却するという方法です。
空き家の状態が良いという方は、売却することをおすすめします。
しかし、空き家の状態が良い場合でも人口の少ない田舎にその空き家がある場合は、売れるまでに時間がかかる可能性があるため注意してください。

次は賃貸物件として貸し出すことです。
空き家を賃貸物件とすることで、固定資産税が高額になってしまうことを防げるうえに家賃収入が得られます。
しかし、賃貸物件として貸し出すためにはある程度の設備を整える必要があるため、場合によってはリフォームする必要があることをご理解ください。
また、不動産会社に賃貸経営を委託する管理委託という方法もあるため、ご興味のある方はぜひ一度不動産会社に相談してみましょう。

次に、親族の誰かが住むことです。
親族などの信頼できる人を住まわせることで、空き家ではなくなり特定空き家に指定される心配もなくなります。
しかし、親族の方の生活なども考慮して、本当に親族の方にとっても良いことなのか判断してから住んでもらいましょう。

□まとめ

本記事では、空き家の固定資産税についてご紹介しました。
空き家は放置すると固定資産税が高額になるため、できるだけ早めに対策しましょう。
また当社は米子市にて不動産会社として活動しているため、何かお困りの方はお気軽にご相談ください。