空き家を売却するメリットとデメリットを米子市の業者がご紹介します!

空き家をお持ちの方は、活用方法はお決まりでしょうか。
まだお決まりでない方は、売却するという手段はいかがでしょうか。
しかし、売却にはどのようなメリットやデメリットがあるのかわからない方もいらっしゃると思います。
本記事では空き家を売却するメリットとデメリットをご紹介しているので、参考にしてみてください。

 

□売却のメリットとは

まずは、売却のメリットを3つご紹介します。

 

*現金収入が得られる

1つ目は、売却による現金収入が得られることです。
売却することによって、その段階で不動産についている資産価値を現金として確保できます。
一概には言えませんが、日本は少子高齢化による人口減少社会であるため、不動産の賃貸需要は減少し、資産価値も下落傾向にあると言われています。
そのため、今のうちに売却をすることで将来的な不動産の資産価値の下落リスクも避けられるでしょう。

 

*住宅ローンの返済ができる

2つ目は、得られた現金収入で住宅ローンの残債を返済できることです。
空き家であっても住宅ローンが残っている場合があるかと思いますが、空き家を売却することで住宅ローンの残債を返済できます。
そのため、月々の住宅ローンの返済によって家計が苦しいという方は、売却をすることで資金計画がより柔軟に設計できるでしょう。

 

*維持管理の手間が省ける

3つ目は、住宅の維持管理をする手間や費用が省けられることです。
住宅は空き家であっても、清掃費用や固定資産税などの金銭的な負担がかかります。
また、ご自身で清掃される場合は清掃する手間なども発生しますね。
そのため、これらの費用や手間が省けられることは売却をする大きなメリットといえるでしょう。

 

□売却のデメリットとは

売却のデメリットは以下の2つが挙げられます。
1つ目は、資産の1つを失ってしまうことです。
空き家であっても不動産として所有しておくことで、将来活用することや、お子さんに相続させることもできます。
しかし、売却をして現金化してしまった場合は、その不動産を将来的に用いるということができません。

2つ目は、売却したくても売却できない場合があることです。
具体的には、売ろうとしている空き家の立地条件が悪い場合や空き家の状態が悪い場合はなかなか売れません。
そのため、売却先を探す手間が生まれるのは、売却することのデメリットといえるでしょう。

 

□まとめ

空き家を売却することは、メリットもデメリットも存在します。
売却をされるかどうかは、両方の面をしっかりとご検討された上で決めてください。
また、当社は米子市を中心に不動産売却を承っておりますので、売却相談に限らずお気軽にご相談ください。